自分で応急処置

自分で応急処置をする際のメリット

トイレが詰まってしまったときは、すぐに業者を呼ばず自分で応急処置をしてみるのもおすすめです。簡単な詰まりならぬるま湯を流すだけで直ることもあります。業者を呼んで修理してもらう場合、最低でも8,00…

自分で応急処置をする際のデメリット

トイレつまりの原因はいろいろありますが、代表的なものは流れにくい異物を流してしまうことです。この場合は、適切な方法でおこなえば自分で処置して改善することもあります。そこで、業者を呼ぶ前にまず自分で…

トイレのつまりの原因は紙詰まりとは限らない

トイレのつまりがあるとラバーカップで詰まった紙を吸い出そうと躍起になるものですが、地下の排水管の破損によることも多いので、隣家に汚水が流れ出す前に業者を呼ぶことをお勧めします。

自分で応急処置をする際の費用

お湯とラバーカップの効果

トイレがつまった時に自分でできる応急処置はいくつかありますが、何が原因でつまっているかにより処置の仕方が変わることもあります。つまった原因がティッシュやトイレットペーパーなどなら、改善方法として40から60度のぬるま湯をトイレに流すことで、つまりを溶かして解消できます。ただ60度以上の高温のお湯の場合、便器を壊してしまうこともあるので注意が必要です。またトイレに常備していなければ少しの費用がかかりますが、世間ですっぽんと良く呼ばれるラバーカップを、ホームセンターなどで購入してトイレのつまりを解消します。ラバーカップの使用方法は、便器に溜まっている水を少し減らして、ラバーカップを排水口に押し付けて空気を抜くような感じで引きあげます。

尿石除去剤と専門的な道具

トイレつまりの応急処置として即効性は期待できませんが、家族の人数が多い家庭やトイレが旧式の場合は、トイレットぺーパーが引っかかりつまる訳として、排水口へ蓄積した尿石が原因の場合もあります。この場合は尿石除去剤を便器に入れて、除去剤投入後の決まった時間に達したら水で流すと言う方法が効果的です。ただ尿石除去剤は家庭に常備されていることが少ないので、販売している店舗で購入する必要があり費用もかかります。また専門的で確実な方法に、ワイヤーブラシを排水口から差し込んで、つまりの原因をワイヤーの先で崩す方法もあります。他にも吸引力が高い付属のポンプが付いたパイプクリーナーなどもありますが、応急処置の道具として準備するためには購入が必要で費用もかかります。そのため常備するかしないかは人それぞれでしょう。

業者に作業を依頼

自宅のトイレがつまったときに専門の業者に依頼する人は多いでしょう。ここでは、専門の業者にトイレつまり修理を依頼した時のメリットやデメリット、さらには費用がどれくらいかかるのかなどを紹介していきますので、参考にして下さい。

  • 専門業者に作業依頼するメリット

    まず考えられるのは、ティッシュペーパーや掃除用のペーパーが詰まっていることです。これらのペーパーは水溶性ではありませんので、たとえ少量であってもトイレが詰まってしまう可能性があるのです。トイレに流…

  • 専門業者に作業依頼するデメリット

    トイレつまりを業者に委託すれば専用の道具で検査したうえで原因を究明し、その原因に沿って対処してくれるので直してくれます。ただし専門業者に委託する場合、事前に起こりうるデメリットも把握することも大事…

  • 専門業者に作業依頼した時にかかる費用

    「トイレがつまって大変な思いをした」そんな話しを周りで聞いたことはありませんか?ほとんどの人は、日頃そんなトラブルがわが身に降りかかるとは考えません。しかし、トイレがつまるトラブルは、ある日突然や…